審判離婚・家庭裁判所での離婚

離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識

協議離婚、調停離婚でもうまくいかない場合、家庭裁判所の審判離婚があります

審判離婚・家庭裁判所での離婚

離婚したい夫婦が離婚する方法として様々な方法があります。お互いが離婚したい理由を理解し、話し合いで解決する方法として協議離婚があります。大体の場合は協議離婚で解決することがほとんどですが、条件や約祖に関してお互いが理解できない場合があります。


もし協議離婚のようにお互いが離婚したいと思っていても納得できない条件などがある場合は、第三者が介入して家庭裁判所で行う調停離婚があります。しかし上記のように協議離婚や調停離婚でも離婚したいと思っていても離婚できない場合は最悪の場合審判離婚という方法があります。


これは離婚したいと思っていても、親権や養育費などの話し合いでもめている場合や、離婚したいと思っていたけどやはり離婚したくないと心変わりした場合などで離婚の撤回をする場合に行います。審判離婚は協議離婚のように家庭裁判所でこの離婚は正しいのかどうかという判断を下します。


注意しないといけない部分は離婚が決まってしまった場合は、2週間以内に異議の申請をしなければ無効となってしまい、離婚が成立してしまうところにあります。審判が確定した場合、確定後10日以内に離婚届と戸籍謄本、審判書謄本と審判確定証明書を離婚したいと思っていた夫婦どちらかの本籍地の役場に提出します。離婚に納得できない人は審判離婚を利用してみてはいかがでしょうか。もしくは早急に親権を決めたい場合にも審判裁判はとても有効な手段となります。


Copyright 2008-2013 離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識 All Rights Reserved.