性格の不一致や価値観の違いが原因の熟年離婚

離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識

熟年離婚は長い間一緒に暮らしてきた中で考え方や価値観の違いなどが大きくなり、ストレスや不満をかかえやがて離婚に至るケースが多くあります。子供の結婚、夫の退職など人生の節目に離婚をするケースが目立ってきています。

性格の不一致や価値観の違いが原因の熟年離婚

熟年離婚に限らず、離婚の原因として多くあげられるのは、性格や考え方の違いがあげられます。熟年離婚の場合、長年夫婦として人生を共に過ごしてきてはいても、逆に長年に積み重なった不満や、やがて迎える老後の生活への懸念などから離婚を決意するケースも少なくないようです。


夫婦として人生を共に歩んでいくには、お互いの愛情が必要ですが、性格の不一致や価値観の違いなどがあると、互いへ不信感を募らせる要因にもなりかねません。そうした、長い夫婦生活の中で起こる様々なことによって信頼や愛情の薄れていくことなどが、熟年離婚へ繋がる要因になるようです。


それに、夫婦のことならば、互いに相談しながら協力して進んでいくことが出来るのです。もちろん、老後についての人生計画も同様です。ですが、熟年層はひたすら働き蟻のようにして生き抜いてきた団塊の世代ですから、家庭を顧みない夫に失望したり、老後への考えの違いを感じて熟年離婚を考える妻も少なくはありません。


また、熟年離婚の場合は、年齢的にアルツハイマーや精神疾患、認知症などを起こして性格が急に変わってしまうことが原因になることも特徴のひとつです。長年共に歩んできても、考え方の違いやお互いの歩みよりなどの違いでも、熟年離婚に至る可能性は違うようです。


Copyright 2008-2013 離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識 All Rights Reserved.