熟年離婚の調停や裁判について教えて!

離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識

熟年離婚は、長年連れ添った夫婦が別れるため話し合いでは解決しぜず調停離婚や裁判になるケースも多数あります。とくに財産分与は大きな争点となります。

熟年離婚の調停や裁判について教えて!

離婚では、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚が現行法としてあります。協議離婚は名のとおり、夫婦双方の協議で離婚をすることができ、調停離婚は当事者間の話し合いでまとまらない場合などに、裁判官や調停委員を交えて行われます。


調停の費用は比較的低額で行えるのですが、もちろん調停離婚でも協議離婚と同様に、最終的には夫婦間での合意がなければ離婚が成立しません。調停裁判の場合では、離婚そのものだけでなく、親権や財産についても話し合いがされます。調停離婚で合意とならなかった場合は審判離婚が行われます。


特に熟年離婚の場合では長年連れ添った夫婦間のことなので、協議だけでは合意に至らず、調停離婚以上となる場合があります。熟年離婚は、離婚に至る原因となった問題だけでなくや財産分与などのお金の問題などが複雑になることが原因のようです。


審判離婚になると、家庭裁判所で当事者双方の証拠調べをした上で、職権で審判を下すことができます。協議・調停・審判でも合意に至らない場合には離婚裁判となります。熟年離婚を円滑に進めたい場合は、弁護士と相談したり、これらの流れを知っておくのも良いかもしれません。 <,/p>


Copyright 2008-2013 離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識 All Rights Reserved.