熟年離婚増加

離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識

近年の熟年離婚増加にはどのような理由があるのでしょうか。

熟年離婚増加

熟年離婚という言葉をここ数年耳にするようになってきていますが、社会的変化の背景もあり、2007年の4月以降から増加してきています。増加の引き金となった背景としては、年金分立制度の成立や、離婚ということに対しての批判的見解が減ってきていることなどがあげられます。年金分立制度の開始は、離婚後の生活不安で、長年離婚に踏み切れなかったような専業主婦にとっても熟年離婚を決意しやすい状況をつくったといえるでしょう。


また、離婚に対しての以前の社会的意識というのは、離婚ということ自体が否定的に捉えられ、陰口や批難を受けるやすいという傾向がありました。そのため、世間体を気にして踏み切れなかったり、離婚してもそのことを自分から口に出せないという方が多かったようですが、現在では離婚も珍しくなくなっており、熟年離婚を決めやすくなっているようです。


このような社会的な背景も後押しし、夫婦不和を心配する子供からの勧めや、自分たちの人生の見直し・再出発という前向きな意味で熟年離婚を考えることもあるようです。夫婦によって離婚を決める経緯は違うようですが、こうした背景が熟年離婚の増加につながっているようです。


Copyright 2008-2013 離婚情報局 離婚相談ー手続き、慰謝料、調停の基礎知識 All Rights Reserved.